大阪神戸京都たまに奈良和歌山で食べる

大阪神戸京都たまに奈良和歌山で美味しいものを食べます。

川床料理 仲よし と 貴船神社 その1

去り行く夏を惜しんでですが、念願の貴船の川床料理に行って来ました。

本当はもっと早く来たかったのですが、中々天候に恵まれず訪問できませんでした。

9月で川床料理は終わりですので、最後のチャンスでやっと訪問が出来て嬉しいですね。

 

まずは叡山電鉄に乗って貴船口へ。仲良しさんへ送迎のお願いをしたところ、出町柳の駅で電話してくれれば貴船口まで迎えに来てくれるとのこと。

階段を降りたところにお迎えの方が待っていました。

駅の様子を見るに、川床料理のお店はどこも送迎サービスを行っているようで、お店の名前が書かれた送迎車が駅の周りに止まっていました。

特に送迎のない方は、公共交通機関のバス待ちのようで長蛇の列。自力で歩く人もいましたが、これはちょっときついでしょう。(ハイキング目的なら良いのですが。)

バスは貴船エリアの手前までなので最後は自分で歩く必要があるようです。

 

程なくしてお店に到着。ここでアドバイスですが、決して自分の車で行かないでください!道は狭いし、すれ違いは難しいし、歩行者多いし、地元民しかこの難易度はクリアできないでしょう。

 

先程お店の玄関の反対側(川側)に川床への入り口があります。

ここから下の川床へ降りてゆきます。

 

川床料理ですが、川のせせらぎの上に座敷を設えて、涼を楽しみながら食事を頂く料理です。

川の上なので気温も若干低く涼しく感じますね。

例年5月から9月までの期間限定らしいです。

また、雨が降った時は先程の本館の方でお食事になるようですね。

マイナスイオンが大量に発生していると思います。

はしゃぐと川に足を突っ込みたくなりますよね。

この日は天気が悪かったので、川の水は非常に冷たかったです。暑い夏は冷たくて楽しいでしょう。

 

席に着きますとまずは冷たい緑茶が出てきます。落ち着きますね。

 

先付、抹茶味のごま豆腐。書いた通りの味ですが、冷たくモッチリしたごま豆腐の食感が楽しいです。

おっといけません。ビールを忘れてはいけません。

川床料理にビールが止まりません。

八寸。おぼろげな記憶からですが、アマゴの甘露煮、さつまいもの煮物、湯葉、かにの寄せもの。アマゴの甘露煮が美味しかったです。やはり、川のものが美味しいんでしょうね。

お刺身はマグロ、鯛、湯葉。鯛もマグロも良いんですが、やはりここは湯葉ですね。

トロっとしていて山葵を少しつけて頂きます。美味しい。

 

お店のお姉さん曰く、「さっきまで泳いでいた鮎なんですよ!」とのこと。

塩加減も良く、非常に美味しい。皮はぱりっと、中はふわっとで鮮度が良いのが分かります。頭からしっぽまで頂いてしまいました。鮎が大好きなんですよね、私。

素麺は絹巻素麺という極細麺でした。

細さに感動ですね。麺つゆは生姜の風味もあり美味しく頂きました。

こちらのお店の名物料理らしいデス。道明寺饅頭。中には鰻、ぎんなん、甘鯛、椎茸とか入っていて、それを揚げた饅頭に餡かけをしています。生姜風味の効いた餡と相性も良く、名物だけはある美味しさだと思います。

あまごと季節野菜の天ぷら。あまごの天ぷらが美味しいですね。やはり川魚料理が一番おいしいと思います。カリッとしているのに、中がジューシー、基本ですな。

 

ごはんと赤だし、香の物。普通に白米が美味い。

わらび餅となし。これは普通ですね。


やはり。川床という特別なシチュエーションが、料理の美味しさを増加させますね。

夏の暑い時期は涼も楽しめるし京都の人の知恵なのでしょう。


ご飯も食べ終わりましたので、貴船神社参拝に出かけたいと思います。

貴船神社は川沿いにありますので、川沿いをこんな感じでそぞろ歩きしながら皆さん参拝されています。仲よしでは、会計の時に記念の団扇を頂けます。

団扇をパタパタさせながら歩く人も多かったですね。

貴船神社は3社あります。総本宮、結社、奥宮です。今回はこの順番で参拝したいと思います。

まずは「仲よし」から駅の方に少し歩きます。目指すは貴船神社総本宮

大きな鳥居があるのですぐに分かります。

デジタルパネルの案内板。現代ですね。

短い距離ですが石段を登っていきます。カップルが多いですね。

本殿です。ご祭神は高龗神(たかおかみのかみ)で、水の神様です。

そんなに大きな神社ではありませんが、非常に混んでいました。

混んでいる理由の一つがこれ。水占みくじ。

この紙を購入して、

この湧水に付けるとご神託が浮かんできます。

皆さん楽しそうに占っていました。

貴船川の川沿いのそこかしこで水が湧いているようです。
祀られる神様が水神様なのも納得ですね。

 

本殿の横を通って次のお宮に向かいたいと思います。


本当は次のお宮を紹介したいのですが、少し長くなりましたので、次回にしたいと思います。

川床料理は楽しかったので皆さんも是非!(夏季限定)

 

restaurant.ikyu.com

kifunejinja.jp




 

野菜ビストロ レギューム

西宮北口に買い物の用事があり出かけましたが、ちょっと良いお店があると聞いて行って見ました。

お店の名前は「野菜ビストロ レギューム」。

阪急西宮北口駅の南口という知らない人から見れば北か南かよくわからないところにあります。ちなみに徒歩2分、なでしこビル8Fにあります。

入口はこんな感じで良い雰囲気。

訪問当日は予約で満席、土日は予約必須ですので皆さんも気を付けてください。

 

ランチメニューをご紹介。

看板メニューは野菜の蒸し煮です。

メニュー色々。

 

今回はお薦めの季節野菜のバリグール風も入ったレギュームコース。お魚もプラスしてしまいました。

 

最初は本日の前菜とスープ。

スープはシルクスイート(さついまいも)のポタージュ。甘いのですが甘すぎず美味しい。サラっとした感じ。

人参のラぺ、自家製キッシュ、野菜の盛り合わせにポテサラです。

何より、野菜の盛り合わせが美味しい。ブラウンマッシュルーム、オクラ、人参、黒大根(皮が黒い)、人参と新鮮な野菜が美味しいですね。西宮って野菜が美味しいイメージは無かったのですが反省。(地元の顔の見える生産者の有機野菜にこだわっているらしいデス。)

キッシュもポテサラも美味しいですねぇ~。

 

実は私が気にいったものの一つがこれ、天然酵母パン。ふわふわして美味しく、3皿食べてしまいました。(お替り無料でした。)

 

季節野菜のパリグール風。パリグールってなんだ?白ワインやハーブを使った野菜を煮込んだものをこう呼ぶらしいデス。

水菜の下からは、鯛とその他の野菜がこんにちは。

季節野菜ですが、玉ねぎ、人参、レンコン、さつまいも、白菜、ごぼう、ほうれん草、と盛りだくさん。レンコンとさつまいも、そしてごぼうが美味しい。ごぼうは非常に良い香りでした。

お魚は鯛ですが、衣をつけて軽く揚げたものを蒸しております。ホロっと崩れる程度の蒸し具合、皮は香ばしくパリッとしたままで、美味しかったです。

 

メインのハンバーグ。和牛100%のハンバーグです。玉ねぎを5時間ソテーして作ったソースで頂きます。食材や作り方の拘りも説明してくれますので、楽しいですね。

ハンバーグはジューシーというより、肉感があるタイプ。ジューシーさはソースで補う感じですが、マッチしてますね。

それとやっぱり野菜、付け合わせにしては美味しすぎる。

 

最後に飲み物とちょっぴりデザートが付いてます。

デザートは普通な感じ。

店名にも野菜と入れていますが、その通り野菜に拘りが感じられるお店でした。

季節野菜のバリグール風は必食と思いますので、訪問時は必ずオーダーすることをお薦めします。店内を見たところ9割くらいのお客さんはオーダーしているようでした。

 

美味しい野菜を食べたい時は是非!

 

tabelog.com




出張紀行 北海道編 えびそば一幻 と きくよ食堂

北海道での仕事を終え新千歳空港から伊丹空港へ帰宅です。

でも仕事が早く終わったので、夕飯を食べて帰りたいと思います。

新千歳空港ターミナルビルは、お土産屋さんが死ぬほどあったり、映画館があったりとすごいのですが、一番すごいのがレストラン街!

www.new-chitose-airport.jp

 

そんな中で今回選んだのが、「えびそば一幻」。

 

多分、ラーメンが好きな方はご存じな名前だと思います。

甘エビの美味さを凝縮した一杯を提供するお店、さてどんな味か挑戦してみましょう。

 

お品書きはシンプル。えびしお、えびみそ、えびしょうゆ。

麺は太麺と細麺が選べます。スープはそのまま(えびの風味をそのまま活かしたストレート)とあじわい(とんこつスープをブレンドして味わい深く仕上げた)を選べます。

HPをみるとその中間のほどほどもあるらしいデス。

 

えびおにぎりと餃子も美味しそうなのですが、今回は諦めました。

 

今回のチョイスはえびみそ。

説明書きをよく読まずオーダーしてしまいました。(笑)

ですので、麺の指定もスープの指定もしていません。(笑)

でも麺は太麺(多分)、スープは味わい(多分)だと思います。

まずスープ、一幻のえびスープは大量の甘エビの頭を大きな寸胴でじっくり煮出すらしいのですが、TVで見たことのある人も多いと思います。甘エビの甘さを感じつつ、コクも感じるみそ風味で麺と合うと思います。

真ん中の赤い粉はえび風味の天かすらしいデス。食べても天かすのように思えません。

ただ、麺に絡めてもスープに溶かしても、海老の風味が格段にアップすることは請け合いです。

チャーシューも煮玉子も美味しいとは思いますが、麺とスープのパワーには負け気味です。でもそれでいいと思います。ここは「えびそば」のおみせですから。

はじめてのえびそばでしたが、実際に美味しいと思いました。

ここまで拘りながら、海老風味がクドくないのは、素晴らしいと思います。

満足な一杯でしたが、食べ終えて気が付きました。

あれ、出発まで時間がある。。。。。

であれば、もう一軒行くしかないですよね!

2件目はこちら、「きくよ食堂」。海鮮丼のお店です。

 

とりあえず、メニューをチェック。

うに、いくら、ホタテ、カニ、牡丹エビ、等を自分のお好みで乗っけた丼を選べます。

一品料理で刺身や焼き物その他もありますし、お酒も在りますよ。天国ですね。

 

今回の私のチョイスはいくら・ホタテ丼。正に私の好物丼。

一応味噌汁と御新香が付きます。

 

素晴らしい紅白状態。正に至福の時。

ほたてですが、鮮度は抜群。噛むとホタテの繊維が裂けるようなサクッとした食感。

この感覚は北海道でしか味わったことがありません。

いくらは、プチプチプチプチ、うんまあい!本当に至福。もっといくらを下さい。

本当は時間をかけて味わうつもりだったのですが、あっという間にペロリ。

さっきラーメンを食べたばかりのはずですが、多分気のせいだったのでしょう。

幸せな気分でお店を後にしました。

この2店、北海道旅行の帰宅前には是非立ち寄るべきです。

 

なんか観光も頑張っているっぽくて、よくわかんない電車や、

よくわからないシロクマもいました。

 

最後におまけの一枚。飛行機の中か撮った兵庫県明石から神戸にかけての街並み。

 

やはり北海道は最後の瞬間まで侮れないですね。空港にもこんなお店があるなんて。

皆さんも新千歳空港グルメを是非!

 

tabelog.com

 

tabelog.com

 

 

出張紀行 北海道編 麺屋 すずらん と 海鮮酒蔵 二三一

仙台の次は札幌出張です。

札幌といえばラーメンと海鮮丼!さっそく食べに行って見ましょう!

え、仕事?そんなもの、後でやれば良いんです。

そんなわけで出かけてみました、ススキノラーメン激戦区。

お店はこちら鈴蘭さんです。ラーメン丼に顔のイラストはほっこりします。

外の立て看板。

混んでいるときは当然外にまで列が伸びます。私が訪問した時もそうでした。

夜の10時半ごろでしたが、ラーメン屋で並ぶとは。。。。

 

券売機です。先にチケットを購入して着席します。

鶏出汁の塩、しょうゆや、味噌ラーメンやつけ麺もありますが、ここは札幌なので基本通りに「味噌ラーメン」を選択。さてどんならーめんでしょう。

オーダーの味噌ラーメンがこちら。

見た感じ濃厚なスープのように見えますが、たっぷりの生姜が載っており、これを混ぜながら頂くと意外と濃厚に感じません。ただ、北海道のラーメンですので熱々で供されますので火傷に気を付けてください。ちなみに魚介系のスープですね。

シナチクは特筆。これすんごく美味いです。ご飯に乗っけて食べれるレベル。

麺は中太の縮れ麺。スープとの相性も良いと思います。チャーシューはもう少しボリュームがあっても良いと思いますね。

色々書きまししたが、うーん、満足ないっぱい。多分、飲んだ後の締めに最高なんでしょう。

tabelog.com

 

 

さて翌日のお昼ですが、札幌駅前をウロウロ。

海鮮が食べたいと思いふらふらしていると目に入ったのがこちらのお店。

海鮮酒蔵 二三一(ふみいち)。ふみいちって読めませんよね。

 

この店のランチの一押しメニュー、二三一(ふみいち)丼。

汁物はおかわり自由です。茶碗蒸しも付いてます。

 

雲丹、海老、カニ、いくら、サーモン、マグロ、鯛に数の子、ほたて、たまごに貝と海鮮てんこ盛り。しめ鯖とブリも居たかな?

当然鮮度も良いので美味しいです。雲丹が甘い、とびっこもいた!

いくらもプチプチ、鯛は新鮮、幸せな気持ちになります。ブリも歯ごたえゴリゴリ。

ちと高い海鮮丼ですが満足な気分で、午後の仕事に向かいことができました。

 

tabelog.com


皆さんも北海道の出張ではラーメンと海鮮丼を是非!



出張紀行 仙台編 牛タン焼専門店司  西口名掛丁店

やって来ました仙台空港!遥々と東北出張です。

折角の出張ですので、ランチくらいは素敵なものを食べたいと思います。

仕事は忙しかったのですが、美味しい昼飯ぐらいは食べないとパワーが出ませんからね!

 

そのランチで向かったのは、やはり仙台ですから牛たん!牛タン焼専門店司です。

仙台の牛たんのお店って多いですが、実は私、この「司」が一番美味しいと思っています。

たんや善治郎や利休とかいろいろありますが、私の一押しはここなんですよね。

お店の外のランチメニューです。当然、牛たんメニューのみ。

牛たんシチューやカレーもあります。

一応、店内にも同じメニューはありますので、あわてる必要はありません。

 

こちら牛たん定食、4切8枚2,816円です。

牛たんは厚くて柔らか、それでいてジューシー、そして熟成の結果生まれる旨味がたまりません。

そしてテールスープ。柔らかくなるまで5時間以上煮込んでいるらしいですよ。

唐辛子味噌(南蛮味噌)ですが、辛すぎず食が進みますね。利休の唐辛子味噌は辛すぎてちょっと苦手ですね。

 

アップの写真です。山葵をちょっと牛たんに載せて頂くと、美味さ倍増だと思います。

漬物ですが、個人的には利休の白菜の漬物の方が少し上かもしれません。

でも、牛たんそのものは、こちらのお店が一番でしょう。(個人的な感想です。)

 

このお店ですが、仙台駅のそば、名掛丁にありますので、観光のついでにも立ち寄りやすい場所にあります。

仙台に来たのだから牛たんを食べたい!という方は是非!

 

tabelog.com

 

 

 

焼鳥ダイニング 錦家

武庫之荘は意外と焼鳥屋さんが多いと常々思っていましたが、先日その内の一軒を訪問しましたのでご紹介。美味しいお店でした。

 

まずは看板。小さ目、控えめと思いきや、

でっかい提灯がぶら下がっていますので、こちらの方が目立っています。(笑)

 

さて席について取り合えず頼むのはビールです。多分泡まで美味いでしょう。

突き出しですが、キャベツの千切りに鳥そぼろのせたもの。意外と悪くない。

最初はおまかせ串焼き(5本)、写真が2本ずつなのは2人前頼んだからです。

これはたぶん、せせり。うろ覚えです。(笑)

はらみ、かな?

つくね。

ずり。

きも、だったような気がします。

串物は期待通りの美味しさ。ちょっと単価が高い気がしますが、それでも納得です。

 

みょうがとクリームチーズの土佐揚げ。

みょうがとクリームチーズを大葉で包んで糸かつお(糸状の鰹節)を付けて揚げています。みょうがの風味がフレッシュで、ちょっとしょっぱくて美味しいですね。ビールが進む味です。

 

生ハムとクリームチーズのサラダ。今気が付きましたが、クリームチーズが被ってました。こちらは普通のサラダでした。

自家製むねのスモーク。意外としっとりして美味しい。

完全におつまみですね。

 

何故か冷ややっこ。これは普通な印象。

鶏もも炭火炙り焼き。スモーキーな感じでこれは美味しい。

ネギ入りだし巻き。普通に美味しい。

 

最後に焼きおにぎり茶漬け。焼きおにぎりは崩していただきます。香ばしくて良いですね。美味い。

 

鶏系、焼き物系のメニューは文句なく美味しいですね。鶏肉自体も良い肉を使用しているのだと思います。リピートする味です。

その他のサラダ系統は普通な感じですが、総合的には美味しいお店だと思います。

実際の訪問時は普通のウィークデーでしたが、ほぼ満席の状態で人気店なのが伺えます。

正直、このレベルのお店が近所にあるとちょっと飲みたいときに使えて非常に良いですね。

皆さんも焼鳥が食べたい時は是非!

 

tabelog.com

 

熊野三山と熊野古道中辺路 その4

前回からの続きです。

 

熊野那智大社の長い石段を登りようやく本殿に到着です。振り返るとそこに絶景が!

鳥居を後ろから。

熊野那智大社本殿です。

 

八咫烏をお祀りする御縣彦社です。それぞれの大社で、八咫烏をお祀りする神社の名前が違うのは何故でしょう?

宝物殿です。時間が無いので入りませんでした。

一休みできる座る場所がありますので、そこからの一枚。良く登ってきたと思います。

でも上ったんだから、いずれは降りるんですよね。。。

 

御神木の楠の中を胎内くぐりと称して中に入ることができます。有料です。

入口はこちら。地下に潜る感じですが。。。

何故か2階から降りてきます。

 

絵馬の八咫烏がかわいいですね。

kumanonachitaisha.or.jp


それでは次に、すぐお隣の青岸渡寺に向かいます。

那智山青岸渡寺本堂です。本堂は織田信長の兵火にかかった後、天正18年(1590年)豊臣秀吉によって再建されたらしいデス。非常に古いのが見てよく分かります。

本堂を横から。西国三十三所第1番札所であり、この本堂と宝篋印塔は重要文化財です。

宝篋印塔です。

梵鐘です。

 

青岸渡寺から那智の滝も見えます。


非常に絵になる一枚。

三重塔と那智の滝

www.saikoku33.gr.jp

 

ここから那智の滝まで下り石段の開始です。

中々つらい石段でしたが、そこそこ頑張れました。やはり杖の効果は大きいですね。

それとモンベルのシューズは滑らないので非常に良いです。

 

石段を下り切ったところが飛瀧神社の鳥居です。

そしてここからさらに降りていく苦行。(それほどでもないか。)

残念ながら少し雨が降ってしまいました。

 

やっと瀧の近くに到着です。この日は水量が2倍増しの日でした。

 

御神体が瀧そのものなので、滝を拝みます。

那智の滝です。あと200円払えばもっとそばに行けますが、団体ツアーなのでそんなに自由に行動できず。。。残念。

このあと先ほどの入り口の鳥居に戻ったところで13:00でした。お腹が空きまくりです。
さっそくバスに乗って昼食会場へ移動です。

 

www.wakayama-kanko.or.jp

 

昼食会場はこちら、那智ねぼけ堂。レストランとお土産屋さんの合体した店舗です。

tabelog.com

 

昼食は海鮮ちらしととり天のセット。海鮮ちらしは出汁を掛けてお茶づけ風に頂けます。

団体ツアーの昼食っぽい昼食で、そこそこ美味しいのですが、豪華さはそれ程って感じでした。とり天も美味しかったですよ。

 

この那智ねぼけ堂の名物が、黒飴ソフトクリーム。

黒飴とバニラのミックスで黒蜜かけは(無料)。

疲れた体に美味しいソフトでした。お土産も充実していますのでこちらで購入しても良いと思います。

さて、ここから帰宅モードになります。バスで海岸の那智に出て紀伊田辺にひた走ります。

 

途中でもう一か所観光して行きます。

それが「橋杭岩」。いわゆる奇岩群で、海岸から海に向かって大小約40の岩が一列にそそり立っていることで有名です。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれているそうですが、個人的にはそれには無理があると思いました。

干潮時には傍まで寄れるそうですが、今回はここまでが限界でした。

 

潮だまりですが、魚はいるのが判りますかねぇ?

この後バスに戻って紀伊田辺を目指して帰宅します。

橋杭岩出発は15:20位だったと思います。ちなみに大きなお土産屋さんはここが最後になります。買い残しが無いようにここのお土産屋さんで購入しましょう。

紀伊田辺の駅でも買えますが、そんなに種類はありません。

帰りは17:32発のくろしお32号、夕飯用におにぎりをセブンイレブンで購入して乗り込みました。

 

今回は念願の熊野三山に参拝できましたし、熊野古道も体験できましたので非常に良い経験でした。1泊2日で効率的に回れましたし、食事も意外と満足なレベルで非常に良かったです。神さんは、語り部さんのお話があったので道中面白い話も聞けて良かったとのこと。(これは個人旅行だと無理ですね)

熊野の幽玄な雰囲気にも触れることができ、良いツアーだったと思います。

それと、意外とおデブな私でも歩けるレベルのハイキングで良かったです。

また機会があれば、こんなハイキングツアーに参加したいですね。

皆さんも熊野三山巡りに是非!

 

www.hankyu-travel.com

 

前回はこちら。

 

tiongbahru2.hatenablog.com

 

tiongbahru2.hatenablog.com

 

tiongbahru2.hatenablog.com